2018年06月30日

シニアさん向けの靴下

シニアさんは筋力落ちてきて踏ん張る力が弱くなって立ち上がる時や歩いていてもフローリングでは滑ってしまいますネ。
滑り止めがついている靴下は市販されていますが、暑いこの季節に靴下は蒸れてしまい皮膚にも良くないしワンも不愉快でしょう。
そこでどうにかして蒸れなくて滑らない靴下とか靴が作れないかな?って試行錯誤しました。

DSC_0216.jpg

DSC_0214.jpg

滑り止めシートで靴を作ってみました。
???やっぱりいまいちかな~

DSC_0334.jpg

DSC_0335.jpg

サラサラのサマーレースヤーンで靴下を編んで底部分は滑り止めシートにしました。
でもこれでは脱げてしまいます。

DSC_0346.jpg

DSC_0347.jpg

DSC_0348.jpg

織ゴムとマジックテープでくるっと縛れる様にしてみました。

DSC_0321.jpg

DSC_0320.jpg

DSC_0319.jpg

実際使用してみないとわからないけれど、大きさがどうかしら・・・

実はこの靴下は寿助君に使ってもらう為に作っていました。
ここまでの物を試作品として使ってもらいました。

バンドの位置とか靴下の大きさなどを打ち合わせしてようやく完成品にこぎつけました。

DSC_0397.jpg

DSC_0396.jpg

DSC_0395.jpg

DSC_0394.jpg

小さくて可愛い靴下♪
これを履いてトコトコ歩くしゅうちゃんを想像して楽しく製作させていただきました。
本当に楽しく・・・

そしてお手紙と一緒にレターパックで郵便局から発送しました。
お昼くらいだったかな。
まさかその朝にしゅうちゃんが亡くなっていたなんて思いもよらずに・・

一か月間の試行錯誤の靴下作り、やっと出来上がったのに・・
しゅうちゃんに履いてもらって喜んでもらいたかった。

しゅうちゃん、レインボーカラーのバンドがついた靴下を持って虹の橋を渡って行きました。
何て事なんだろう、何て事・・・

でも今頃しゅうちゃんは靴下なんてなくても元気いっぱいにお空でかけっこしているのよネ♪
しゅうちゃんの為に頑張って靴下を作った事がいつの日か懐かしい思い出になる事を願います。




posted by あんまま at 18:13| Comment(0) | ハンドメイド 羊毛・リボンetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

悲しいお別れ

s_3600.jpg

5.jpg

あんの同級生のボーイフレンド、大好きな寿助君が6月19日の朝に天国へ召されました。
突然の事で信じ難く、動揺しました。

あんとしゅうちゃんとで一緒にこれからもゆっくりと歳を重ねて、毎日を共に励ましあいながら、日々の悩みやトラブルも共有しながら頑張ろうと思っていたし、そうなると思っていたので残念でなりません。
しゅうちゃんよりあんの方が一歩先に老化が進んでいると感じていたので、あんが経験している事がきっとしゅうちゃんの役に立つと思っていました。
8月のバースデーにはあんが重宝している特大のナイロンスタイをプレゼントする予定でデザイン考えているところでした。
エアコンで冷え過ぎ防止のお部屋着や腹巻とセットの詰め合わせにしたら喜んでくれるかしらって楽しい計画をしていました。

それなのにそれなのに・・
いつもの様に「しゅうちゃんは今日食べれたかな?」「滑り止め靴下、気に入ってくれるかな?」なんて思っていました。
そして1か月かかってようやく完成した靴下を発送したその日の朝に旅立ってしまいました。
何と言う事でしょう。
悲しいとか寂しいとか感じる前に頭が真っ白になり、現実を受け止められないままぼんやりとしてしばらく過ごしていました。

3日後に最後のお別れをさせていただきました。
きれいで安らかな寿助君のお顔を見たら悲しくて悲しくて、ようやく現実をまのあたりにして本当に寂しく思いました。
ファミリーさんのお気持ちを思うといたたまれなくなりました。

これから先私とあんとでどうやって毎日を過ごせるのかと自信もなく、あんもきっともうすぐ天国に行くのだろうとしみじみと思いました。

私の気持ちは重くて暗くて、寿助君のお見送りをしたけれど「お空の上で楽しくネ」「みんなを見守ってネ」「今までありがとう」なんて気分にはなれなくて、「どうしてそんなに急いでしまったの?」「信じられないよ」と言うものでした。

ところがお別れの夜、あまり寝れなくて翌朝うとうとしている時に夢を見たのです。
夢に寿助君が現れて、とても楽しくて不思議な感じの夢でした。
夢の中で寿助君がとても幸せな良い笑顔で私に「ね、わかるでしょ?僕、今とってもハッピーなんだ!」ってメッセージをくれました♪
そして夢の中で沢山遊んで、駆け回って、私も一緒にとても楽しいひとときを過ごしたのです。
夢の中でもう一度空のかなたへ消えていく寿助君のお見送りをしました。
しゅうちゃんの親友さんも一緒に。
お見送りが終わった時に夢の中で私の気持ちは清々しく晴れ晴れとしたものになっていました。

目が覚めて、夢の事を考えました。
きっと落ち込んでいる私の所にまで寿助君、「僕の事でそんなに嘆かないでネ。安心してネ」って言いに来てくれたのかな。
心優しいジェントルマンなしゅうちゃんだから。
おかげでこの夢を見てから気持ちがずっと軽くなり、しゅうちゃんと会えないのは寂しくて仕方ないのだけれど悲しい気持ちは消えてきました。しゅうちゃん、有難う。本当に有難う。
今は思います。「しゅうちゃん、天国でみんなと楽しくネ♪そしてみんなの事をあんの事も見守って応援して下さいネ♪」



posted by あんまま at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。